IMPORTED CLASSICAL CD DISTRIBUTION
  Language: Japanese mainly

HOME NEW RELEASE CATALOGUES in Japanese BLOG ABOUT US
Sarabande distributing
A & B Master
Acanthus
ACCP
Acoustica [Asociacion Acoustica Spain]
Acte Prearable
Afinaudio
Ages
Aglae
Agora Musica
Alameda
Alberri
Albert Moraleda
Albion
Alevare
Allegro Art Society
Almaviva
Alto
Amabile
Amneris
Anacrusi
Andante Producciones Cultulares
Anima e Corpo
Anleut
Antequera
Antiphona
Aquarius
Aragon LCD Prames
Arco Diva
Area Elite
ARLU Discos [Arpista Ludovico]
Ars Harmonica
Ars incognita
Arsis (Spain)
Arsis Classics (Belgium)
Ars Produktion
Ars Vivendi
Art Classics
Artesmon
Arte Sonora
Artistotipia
Audiogenia
Audiovisuals de Sarria
Auditorium
Ausart
Avik
Ayva Musica
Bassus Ediciones
Bel Air (Monaco)
Beno Blachut Society [Spolecnost Beno Blachuta]
Biva
BKO
Blue Moon
Bluthner
BMA
BMG Ariola (Spain)
BMP Factory
BOA
Boheme
Bohemia Music
Bolamar
Bomba
Bomba-Piter
Borgato
Bottega Discantica
Brno Academic Choir
Bureo Box
B Vocal
C.A.B.
Calig
Cambra
Cantabile (Russia)
Cantus
Capella
Carpe Diem
Castello
CBC
Central European Classics
Cernitori
Clarton
Classical Records (Russia)
Classic D'Or
Classound
CMS
CNSO
Coda Out
Colosseum
Columna Musica
Compact Debut Edition
Concerto XXI Produccion
Consentino
Con Trastes
Cornetto
Czech Radio [Radioservis]
Czech Radio Ostrava
Dahiz
DCL
(DD)
Delicias Discograficas
De Rode Pomp
Dial Discos
Dies
Digressione Contemplattiva
Diputacion de Zaragoza
Diputacion Provincial de Granada
Discant
Discmedi
Diskant
Divucsa
Divyd
Ducale
Dux
Edit
Edition Clarino
Eelco Haak
EGT
Elegia
Emec
EMI Music Spain
Empire Art
Enchiriadis
Ensemble La Sestina
Eole
Enric Rovira
Ensayo
Epidaure
Ernest Artal
Estonia Record Production
Euralia Sole Classics
Eurarte
Euromusica
Extremadura Symphony Orchestra
Fabian
FBM [Bohuslav Martinu Philharmonic]
FC Records
FFV
FHK
Fimte
Flora
FOK [Prague Symphony Orchestra]
Fonoastur
Fonografika
Fonoruz
Frantisek Rychtarik [Jan Kubelik Society]
Frequenz
Fundacion Rogelio Groba
Futurex Classics
Gadinet
Gadiraifa
Galano
Gamut (USA)
Ganser & Hanke
Gaztelupeko Hotsak
Glinka Quartet
Glissando
Gnosis
Gramzapis
Great Artists in Moscow Conservatoire [SMC]
Great Hall
Great Musicians of Palmira du Nord
Griffin
GZ Digital Media
Haags Gemeentemuseum
HAMU
Hanus
Henryk Wieniawski Musical Society
Hevhetia
Horn Orchestra of Russia
Hudebni Skola
Hudobne Centrum [Music Centre Slovakia]
Hudobny Fond [Music Fund Slovakia]
IBS (Iberia Classical)
Ibersonic
ICN Polyart
IFO
ILD
IM Lab
Im Presto
Inedita
Intermusic
Inviolata
IP Estudios
Irina Arlhipova Foundation
ITM
IVM
Jan Kubelik Society
JC Audio
JFO [Janacek Philharmonic Ostrava]
Jimmy Classic
Jiry Kusy
JK XXI
JMR
Jubal
Kapelmeister
Karel Plocek
Karonte
Kind of Blue
Klassic Cat
KNS Classical
Kultura
Kvadro-disk
Kvinta Prague
La Factoria
La Ma de Guido
Lammas
Landek Quartet
Lauda
Leo
L'Espai
Licanus
Liesbeth Hoppen
Limit
L'Indi Classics
Lindoro
Lotos
Lubican
Luna
Lunar
Lupulus
Lyra da Camera
Lyric Digital
Magmos
Manchester Files
MAP (Italy)
Martin Vackar
Maximum Hannig
M-Classics
MDC
Melodiya
Milan Vlcek
Misteria Paschalia
Molenaar Edition
Monument Records
Morpheus Art
MPAC Classics
MPV
Mucavi
Musica Antigua Aranjuez
Multikulti Project
Multisonic
Musical Bohemica
Musica Clasica Galega
Musica Kukusiensis
Musica Sacrae
Music Centre Slovakia [Hudobne Centrum]
Music Fund Slovakia [Hudobny Fund]
Musicon
Music Vars
Musiepoca
MV Cremona
MVT
NB
Netherlands Music Institute [NMI]
Nettle & Markham [Netmark]
Neu Records
New Acoustic Recordongs
Neway Music
Nireo
Non Profit Music
Northwest Classics
Nuevo Medios
Numerica
OBS Prometeo
OFS
Oliverius
Olympia (Russia: MKM)
ONA
Opera Sabadell
Opera Tres
Opus (Slovakia)
Orchestral Concert CDs
Orfeus Music
Orphee 58
Orquesta de Camara de Latina
Otto Gallo
Out of the Flame
Papa Music
Parnassus
Pavel Kohout
Pavian
Pavlik
Petersburg Recording Studio
Phoenix Classics
Picap
Piccolo
PKO
Plectra Music
Plectrum
Pneuma
Polskie Nagrania [Muza]
Polskie Radio
Portugaler
Portugalsom
Prion
Profesor Mercury
Pro Musica Camerata
Quartziade
Raccanto
Radio Bratislava [Slovak Radio]
Radioservis [Czech Radio]
RAI Trade
RALS
RCD [Russian Compact Disc]
Regent
Reiner Waldeck
RF Art Production
Rimsky Korsakov Quartet
Rivo Alto
RKM
RMF Classic
Rosa
Rossini Opera Festival
Rotag
R. P. Music
RTVE
Russian Disc
Russian Lyre
Russian Music Society [RMS]
Sarka
Sarton
Sarx
Scriptorum Musicum Edition
Sedem
Selene
Sello Autor
Several Records
SI
SKO
Slovak Radio [Radio Bratislava]
Slovart
SMC [Great Artists in Moscow Conservatoire]
Smekkleysa
Solfa
Soliton
Solo
Sonus Galiza
Sony Music Italy
Sony Music Spain
Spolecnost Beno Blachuta [Beno Brachut Society]
S-Records
Stein
Studio K2
Studio Matous
Stylton
Subiton
Superopera.com
Svetlanov Foundation
Takahashi, Miyuki
Tanidos
Tecnosaga
Teknon
Temps Records
Tempus
Ternari
III Millennio (Terzo Millennio)
Tesori Musicali di Roma
Tima Club
Thuri
Tommu
Tonus
Tram
Triart
Triga
Trito
Troubadisc
TVP
Twarzystwo Muzyczne Consonanza
UM
Unacorda
Universal Music Italy
Universal Music Poland
Universal Music Spain
Unizarre
Urlicht
V + M
Vanitas
Varese Sarabande
Veneranda Dies Ensemble
Verso
Vista Vera
Vivaldi Collection
Vixen
Vocacion
Voice of Lyrics
Voks Praha
Vox Aeterna
Warner Music Poland
Warner Music Spain
Zdenek Hnat
ZV

CONTACT

オーケストラル・コンサートCDs
東欧旧共産圏のオーケストラがイギリスを訪れた際にコンサートホールでの実況録音を担当していたイギリス人エンジニア、ジェフリー・テリーが自身の手でそのマスターテープからCD化し世界のファンに供給するために創設したレーベル。


OCCD 1/2008
ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団
 ドヴォルジャーク(1841-1904):交響曲第9番ホ短調「新世界より」Op.95
 ヤン・ノヴァーク(1921-1984):フィルハーモニー舞曲集(*)
 ディーリアス(1862-1934):
  オペラ「イルメリン」前奏曲/オペラ「コアンガ」から ラ・カリンダ

ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団
イジー・ヴァルトハンス(指揮)

録音:1966年10月22日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ライヴ

イジー・ヴァルトハンス(1923-1995)は1962年から1978年までブルノ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めました。(*)は商業録音として世界初出となる楽曲。


OCCD 2/2008
プラハ交響楽団
 ウォルトン(1902-1983):序曲「スカルピーノ」(*)
 プロコフィエフ(1891-1953):ピアノ協奏曲第3番ハ長調 Op.26(*)(**)
 ミロスラフ・カベラーチ(1908-1979):反映 Op.49(#)
 ラヴェル(1875-1937):スペイン狂詩曲(+)
 ドヴォルジャーク(1841-1904):スラヴ舞曲第15番 Op.72 No.7(アンコール)(+)

ピーター・ケイティン(ピアノ(**))
プラハ交響楽団
スデニェク・コシュラー(指揮(*/+))
ヴァーツラフ・スメターチェク(指揮(#))

録音:1967年2月8日(*)、1968年3月6日(#)、
     ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ライヴ(*/#)
    1967年2月13日、ノッティンガム(イギリス)、アルバート・ホール、ライヴ(+)


OCCD 3/2009
アルフレード・カンポーリ&ピーター・ケイティン
 モーツァルト(1756-1791):ヴァイオリン・ソナタ第42番イ長調 K.526(*)
 ベートーヴェン(1770-1827):ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調 Op.30 No.2(*)
 ブラームス(1833-1897):ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調 Op.108(+)

アルフレード・カンポーリ(ヴァイオリン)
ピーター・ケイティン(ピアノ)

録音:1963年9月24日、クロイドン(イギリス)、フェアフィールド・ホール、ライヴ(*)
    1973年、ロンドン、サウスゲート、アルフレード・カンポーリの自宅(+)


OCCD 4/2009
チェコ三重奏団
 ベートーヴェン(1770-1827):ピアノ三重奏曲第5番ニ長調「幽霊」Op.70 No.1
 ドヴォルジャーク(1841-1904):ピアノ三重奏曲第4番ホ短調「ドゥムキー」Op.90
 マルチヌー(1890-1959):
  ピアノ三重奏曲第2番ニ短調 から 第3楽章(アンコール)

チェコ三重奏団
 ヨセフ・パーレニーチェク(ピアノ) イヴァン・シュトラウス(ヴァイオリン)
 サシャ・ヴェチトモフ(チェロ)

録音:1972年10月15日、ロンドン、クイーン・エリザベス・ホール、ライヴ


OCCD 5/2009
ハンガリー国立交響楽団
 ベートーヴェン(1770-1827):劇付随音楽「エグモント」序曲
 コダーイ(1882-1967):ガランタ舞曲集
 ブラームス(1833-1897):交響曲第1番ハ短調 Op.68
 ベルリオーズ(1803-1869):
  劇的物語「ファウストの劫罰」から ラコッツィ行進曲(アンコール)

ハンガリー国立交響楽団
ヤーノシュ・フェレンチク(指揮)

録音:1966年2月26日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ライヴ


OCCD 6/2009
ベルリン・シュターツカペレ
 ブルックナー(1824-1896):交響曲第7番ホ長調

ベルリン・シュターツカペレ
クルト・マズア(指揮)

録音:1967年11月17日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ライヴ


OCCD 7/2009
ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団
 フランチシェク・シュクロウプ(1801-1861):チェコスロヴァキア国歌
 スク(1874-1935):アスラエル交響曲ハ長調 Op.27

ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団
イジー・ヴァルトハンス(指揮)

録音:1968年11月13日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ライヴ


OCCD 8/2009
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス・バッハ管弦楽団
 J・S・バッハ(1685-1750):管弦楽組曲第1番ハ長調 BWV1066
 J・S・バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042(*)
 モーツァルト(1756-1791):ディヴェルティメント第7番ニ長調 K.205
 ハイドン(1732-1809):交響曲第6番ニ長調「朝」
 J・S・バッハ:管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068 から アリア(アンコール)

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス・バッハ管弦楽団
ゲルハルト・ボッセ(ヴァイオリン(*)、指揮)

録音:1966年10月、ロンドン、セントパンクラス・タウン・ホール、ライヴ


OCCD 9/2009
サシャ・ヴェチトモフ&ボヘミア交響楽団
 ドヴォルジャーク(1841-1904):
  序曲「自然の中で」Op.91/チェロ協奏曲ロ短調 Op.104(*)
 スク(1874-1935):
  組曲「おとぎ話」Op.16(オペラ「ラドゥースとマフレナ」Op.16 より)

サシャ・ヴェチトモフ(チェロ(*))
ボヘミア交響楽団(中部ボヘミア交響楽団)
ミロシュ・ゼレンカ(指揮)

録音:1973年5月27日、ポジェブラディ劇場(チェコ)、ライヴ


OCCD 10/2010
プラハ交響楽団
 ドヴォルジャーク(1841-1904):交響曲第8番ト長調 Op.88
 R・シュトラウス(1864-1949):交響詩「死と変容」Op.24

プラハ交響楽団
スデニェク・コシュラー(指揮)

録音:1967年3月13日、ノッティンガム(イギリス)、アルバート・ホール、ライヴ


OCCD 11/2010
ピーター・ケイティン ショパン・リサイタル
 ショパン(1810-1849):
  17のポーランドの歌 Op.74 より
   乙女の願い(No.1)/私の愛しい人(No.12)/指輪(No.14)/遊び(No.4)
  ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op.58
  スケルツォ第4番ホ長調 Op.54/マズルカ ト短調 Op.24 No.1
  アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ変ホ長調 Op.22
  夜想曲嬰ヘ長調 Op.15 No.2/ワルツ嬰ハ短調 Op.64 No.2

ピーター・ケイティン(ピアノ)

録音:1966年10月29日、クロイドン(イギリス)、フェアフィールド・ホール、ライヴ


OCCD 12/2011
ヴァンダ・ヴィウコミルスウカ&ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
 ブリテン(1913-1976):ヴァイオリン協奏曲 Op.15(*)
 チャイコフスキー(1840-1893):交響曲第4番ヘ短調 Op.36
 モニュシュコ(1819-1872):オペラ「幽霊屋敷」第4幕から マズルカ(アンコール)

ヴァンダ・ヴィウコミルスウカ(ヴァイオリン(*))
ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
ヴィトルト・ロヴィツキ(指揮)

録音:1967年4月7日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ライヴ


OCCD 13/2011
ベルリン・シュターツカペレ
 ベートーヴェン(1770-1827):序曲「レオノーレ」第3番 Op.72b
 ハイドン(1732-1809):交響曲第88番ト長調 Hob.1:88
 パウル・デッサウ(1894-1979):ベルトルト・ブレヒトの記念に
 マーラー(1860-1911):さすらう若者の歌(*)

アンネリーゼ・ブルマイスター(アルト(*))
ベルリン・シュターツカペレ
クルト・マズア(指揮)

録音:1967年11月17、18日、
     ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ライヴ
     ヘイスティングズ、ホワイト・ロック・パヴィリオン、ライヴ


OCCD 14/2011
プラハ交響楽団
 ショスタコーヴィチ(1906-1975):交響曲第10番ホ短調 Op.93

プラハ交響楽団
ヴァーツラフ・スメターチェク(指揮)

録音:1968年3月6日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ライヴ


国内仕様盤

SVRS 2089
BC: 4571376270893
発売:2010/9/25
定価:\2,600

(税抜価格:\2,476)
販売店
ファリャ ピアノ作品全集 西澤安澄

「心から推せる一枚」と思った、近来まれなほど美しいCDのひとつである。
現在まで世に多くない企画としての資料的価値以上に、演奏芸術家としての
高い資質が、光のしずくのようにきらめいているのに目を見張らされた。
                                    ――濱田滋郎

マヌエル・デ・ファリャ(1876-1946):
  [1] 夜想曲
  [2] マズルカ
  [3] セレナータアンダルーサ
  [4] カンシオン
  [5] 気まぐれなワルツ
  [6] グノムの愛のかけひき
  [7] セレナータ
  [8] 演奏会用アレグロ
     4つのスペイン小品
    [9] アラゴネーサ [10] クバーナ
   [11] モンタニィエサ [12] アンダルーサ
  [13] ファンタジア・ベティカ
  [14] ヴォルガの舟漕ぎの歌
  [15] ポール・デュカを讃えて

西澤安澄(ピアノ)


西澤安澄(にしざわあずみ)は国際的に評価を得ている数少ない若手日本人のひとりである。桐朋学園女子高等学校音楽科を卒業、同大学にて神谷郁代、岡本美智子に学ぶ。その後フランスの巨匠・名教授として高名なドミニク・メルレにその才能を見出され、ジュネーブ音楽院にて師の薫陶を受けた。その間国内外の国際コンクールにて優勝入賞多数。2002年に同音楽院のヴィルテュオジテ(演奏家コース)を満場一致の一等賞で卒業後、拠点をマドリッドへ移し世界各国で活発な演奏活動を開始。フランス、スペイン、ポルトガル、日本、中国の主要な音楽ホールにてリサイタルを行った。
日本でのコンサートツアーの他、世界の音楽祭や演奏会シリーズにも定期的に招待されている:ジュネーブ芸術協会の定期演奏会シリーズ(スイス)、パリ・ショパン・フェスティバル(フランス)、京都千夜一夜音楽祭(日本)、ヴィンチェンツァ春の音楽祭(イタリア)、ロス・クラシコ・デ・ベラノ・エン・マドリッド(スペイン)、テーレシユダ音楽祭(ウエスカ、スペイン)、ローブレス音楽祭(スペイン)、その他多数。そして2008年には京都清水寺でクラシック音楽の演奏会としては開帳後初めての奉納コンサートを開催、その他東京セルバンテス協会等さまざまなシーンにおいてソリストとして活動している。
西澤安澄はソロ活動と並行して室内楽のジャンルにも力を入れており、高い評価を得ている。名門、スイス・ロマンド管弦楽団のトッププレイヤーで構成されたスイス・ロマンド木管五重奏団、アッサイ弦楽四重奏団との共演、またトランペット奏者のG・アルメイダとのデュオや、ヤマハ・アーティストとしてサックス奏者の須川展也と行ったヨーロッパ各国の主要都市でのコンサートは大好評を博した。その他バロック時代の室内楽にも興味を示しており、バロックフルート奏者のマリアノ・マルティンとともにグループ・エクストラヴァガンツァのコンサートプロジェクトにチェンバロ奏者として参加している。
2003年、映画「福耳」(宮藤官九郎、田中邦衛主演)出演、演奏。2004年、上海師範大学非常勤教授。2006年よりヤマハ・スペイン・ポルトガルの専属アーティストとして各地でコンサート、マスタークラスを行っている。

西澤安澄のファリャを聴いて  濱田滋郎
西澤安澄の「マヌエル・デ・ファリャ ピアノ作品全集」は、一聴して「心から推せる一枚」と思った、近来まれなほど美しいCDのひとつである。
スイスのジュネーヴ音楽院、ドミニック・メルレのクラスを首席で卒業後、ヨーロッパを中心に活動、とりわけスペインと縁が深く、同国の大作曲家 ファリャに傾倒して、当アルバムに研鑚の成果を問うわけだが、現在まで世に多くない企画としての資料的価値以上に、演奏芸術家としての 高い資質が、光のしずくのようにきらめいているのに目を見張らされた。
主要作品である「ファンタシア・ベティカ(アンダルシア幻想曲)」や「四つのスペイン風小品」はもとより、「夜想曲」「カンシオン」ほか初期の小品 にも、ただ正確に弾き上げるのではなく深く心を通わせ、秘められた美まで汲み出してみせる手際は非凡そのもの。ほかのレパートリーもぜひ聴いてみたいと思わせる新星の登場である。

レーベル:VERSO(スペイン)
録音:2010年1月27-29日、ヘタフェ専門音楽院
プロデューサー:ホセ・ミゲル・マルティネス、ピラール・デ・ラ・ベガ
エンジニア:ホセ・ミゲル・マルティネス
エディティング:ピラール・デ・ラ・ベガ
仕様:直輸入盤(日本語解説付き)、日本語表記キャップ(帯)付き

  



  (C)2009 Sarabande Co.,Ltd.